flamingos

フラミンゴ

サルデーニャの州都カリアリ。 その歴史は古く、紀元前8世紀ごろフェニキア人によって建設されたと言われています。 現在の旧市街の姿は西暦1200年頃イタリア本土の海洋大国であったピサの人々によってつくられました。 小高い丘の上に建設された旧市街は城壁で囲まれ、中からはカリアリ周辺を一望することができます。 城壁のすぐ外には岩場を切り開いてつくられたローマ時代の巨大な円形劇場も残り、カリアリの古い歴史を実感することができます。

 

cagliari-terrace-bastion----cristiano-cani

サン・レミーの要塞

 

IMG_9852

象の塔

 

santa-maria-cathedral-cagliari----Ago48

サンタ・マリア大聖堂

 

ヨーロッパ一長いと言われるポエット海岸はカリアリの中心地からほど近く、夏には世界中から訪れる海水浴客でにぎわいます。

海岸を散歩していると目をひくのが馬の鞍のような形をした岬。 “悪魔の鞍”とよばれるこの岬は、伝説によるとカリアリ湾の美しさに心を奪われた悪魔Luciferoが湾を征服しようとしたため、それを阻止しようと天使たちが派遣され、上空で戦っていた悪魔が落馬し海に落ちた鞍が岩になったものだとか、悪魔が岬の上に落ちてできたものだとか言われています。 そしてこの“悪魔の鞍”岬の隣に広がるカリアリ湾は“天使の湾”と呼ばれています。

cagliari-coastal-salt-pans-02----marianna-pilo

悪魔の鞍

 

カリアリは自然が豊かで、フラミンゴが多く生息することでも有名です。

sunset-at-molentargius-cagliari----Piccola-7D

カリアリの沼

カリアリ~グルメの旅